カラーコピー機の普及に日本も活躍しました。

カラーコピー機にはカラートナーがC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)があります。それが磁器ローラーとして一つにまとまっています。

feafeaaaw

jdfyjffft

用紙は4度機械を通りぬけ、一つの色がコピーされます。

grsrgggrsr

faefawefaaaqkmn

用紙はまず紫のフィルターによって露光されてから、紫のトナーを定着させ、それからブルー、黄色、黒という順番に来て印刷されます。

ytdhdhtddrthy

写真をコピーするためにトナーパウダーは一般のコピー機よりずっと細かくなってきているので一つ一つの微妙な色合いが出せるようになってきました。定着処理はトナーパウダーの4つの層を一緒に溶かして、実物通りの色を作りだします。このようにしてカラーコピーができるのです。


『コピー機の欠点』

大型のコピー機にはカーボンフィルターが付けられていますが、静電気が機械内部に埃を吸い寄せるのです。
ローラー、高電圧線、光学系等にたまるとコピーが不鮮明になっていきます。

jyftjyfjjjy

静電気はトナーパウダーも吸い寄せます。
今でもコピー機に定期点検と修理が必要なのは主にそのためです。


小型のコピー機には大抵使い捨てのカートリッジが付いています。カートリッジにはトナーだけでなく、ドラムなどあらゆるものが付属しています。


fawefaaawefa

そのため、トナーがなくなるとコピーが汚れる前に全てを好感しなければなりません。
用紙にも問題があります。用紙は乾燥すると、木材のように縮んでしまう特性があるので、機械内部でよくねじれてつまってしまうのです。


grsgrsssserg


たとえ縮まなくても、完全に信頼できる処理装置を作るのは不可能です。
メーカーにできることはせいぜい機械を掃除できるようにするくらいでしょう。

『コピー機の仕組み』 その1